友人が興信所から調査されていました

会社の同僚の話です。
彼女は3年付き合っている彼氏がおり、その人と結婚することになりました。
その彼氏とは京都の老舗の鋳物屋の一人息子。江戸時代から代々受け継がれている鋳物屋なのでとても由緒あるお家柄でした。
しかし彼女は普通のサラリーマン家庭の娘です。正直釣り合いは取れていません。
彼の実家に挨拶に行った時は「一体どこのお嬢さん?」といった対応だったようで、彼女は落ち込んでいました。

それから数週間後、彼女に呼び出されました。相談があると。とても怯えていたので驚きました。
彼女の口から「多分、最近誰かにつけられている」と聞かされました。
私は「どこの誰がなんのためにそんなことするの?」と意味がわからなかったのですが、
彼女は「彼のお母さんしかいない」と直感でわかったそうです。
挨拶に行ったときに彼のお母さんから感じたものは「息子のためなら何をするかわからない」というものだったそう。
朝、会社に行くために家を出てしばらくすると女性が後ろについている。
お昼を買いにコンビニにいくと、雑誌コーナーからこちらを見ている女性がいる。
帰宅するときは電車の隣りの車両から自分のことを見ている女性がいる。
気づかれないように朝、昼、晩、と服装を変えているそうです。しかし「目」が一緒なのでわかると。
それを聞いてとても怖かったです。

それからしばらくして、彼女はその彼と別れました。
彼のお母さんから電話があり「食事はちゃんとされているの?コンビニ弁当など食べていないかしら?」と言われたとか。
彼女は毎日お昼がコンビニ弁当でした。彼にそれを話したことはないそうです。
このままいつまでも興信所からの調査をされるなんて!そう思ったら彼への愛が一気に冷めたそうです。

興信所の人につけられるなんて、私も絶対に嫌だと思いました。彼女は別れてよかったと思っています。

興信所の業務内容や選び方について

興信所は人探し、物探し、結婚前調査、身元調査などの依頼を請け負ってくれます。
興信所に舞い込む依頼の中で一番多いのが浮気調査です。

興信所といってもピンからキリまで、格安のところもあれば高額な料金が掛かるところもあります。
今ではインターネットで気軽に興信所の料金、評判が検索できるようになり、インターネットで利用をする興信所を選んでも良いでしょう。

依頼もインターネットで行なえる興信所が多く、メールフォームから必要事項を記入して送信するだけでOKなサイトもあります。

相談だけならば無料の興信所はお勧めです。
これは調査を行なうべきか、支払う料金は○○万円にしたいが大丈夫だろうか、調査結果に満足ができるだろうか、と誰しもが興信所の利用に不安を持ってしまうと思われますが、まずはフリーダイヤルやメールで相談を行ってみましょう。

興信所の調査内容によっては数十万円、百万円、との大金が掛かってしまう調査もありますので、まずはじっくりと相談をしてから、安心して調査に踏み切れます。
二人一組で調査を行なってくれる興信所は心強いです。

調査対象を見失っても、二手に分かれて追い、尾行を続けられるのです。
遠方に出向いて調査を行なう場合、ホテルに宿泊せずに車内で宿泊をする興信所も親切です。

ホテルに宿泊をする場合、ホテルの宿泊費用まで請求されてしまうためです。
色々な興信所がありますので、焦らずに各興信所の特徴を調べてから申し込みをしましょう。

興信所を比較するならこちらの興信所の料金比較サイトがおすすめです。

探偵事務所における浮気調査の方法

探偵事務所というと、テレビドラマや推理小説などの影響で難解な事件を解決するヒーローのようなイメージが浮かびますが、現実の探偵というのはもっと地味な仕事が中心になっています。

探偵事務所が請け負う依頼業務の中で最も多い仕事の一つが「浮気調査」です。浮気調査で一番重要になるのが下調べであり、依頼者から調査対象者の勤務先や通勤ルート、交友関係、行動範囲などを入念に確認します。次に、実際の通勤ルートを下見したり、分かっている範囲の立ち寄り場所を事前にチェックしたりしておきます。

そして、調査対象者を尾行する場合はいつ浮気の現場に遭遇しても良いように、浮気をする際のあらゆる行動を想定して、日常とは違う行動を取ったらどのように対処するか、どのような場面ではどの機材を使用するか、連絡はどの時点で行うかなどを事前に決めておきます。

浮気調査の最大の目的は、浮気の事実をありのままに記録することです。従って、浮気があった場合は写真やビデオを使って確実な証拠を残すようにします。映像には必ず日にちが特定できるように新聞の日付欄や時計などを入れておき、場所に関しても明確にできるように背景に看板や建物を映しておきます。なお、必要に応じて、依頼者への確認の連絡も入れます。

最後に、調査報告書を作成し、依頼者に提出するとともに、詳細を報告します。ちなみに、探偵事務所の仕事は個人のプライバシーや個人情報に関わる仕事が多いため、法律に抵触しないように細心の注意を払います。

こちらのヤフー知恵袋でも調べてみましょ
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1276967582

結婚前調査で相手のことを知るべきなのか

結婚したいと思った相手は、誰でも素敵な一面しか見えていません。まさかその相手にウソがあったり、裏があったりするとはだれも思っていないでしょう。でも、結婚前はどんな人でも、良い面しか相手に見せていないものなのです。特に、その相手と、出会って間もない場合は相手のことをすべて知らないと思って良いでしょう。

ですから、結婚相談所などで出会って少しでも早い結婚をしたいと思っても、一度結婚前調査で相手のことを調べてもらった方が安心して結婚生活が送ることが出来るでしょう。結婚前調査は、相手に対してひどいと思われがちですが、何も隠し事がないなら、相手も堂々としているはずです。もし、相手にバレてしまって、相手が怒ってしまうようなら結婚などしない方が良いのです。

人生において結婚は、とても大事な選択です。結婚するかしないかで、人生が全く違ったものになってきます。ウソで固められている人と結婚しても絶対に幸せになどなれません。ですから、相手のことをすべて知ってから結婚を決めて全然遅くはありません。

ですから、是非結婚したい相手が現れたら、結婚前調査を行ってみましょう。その結果相手に隠し事がないなら、絶対に幸せになれるはずです。もしも運命の相手ではないと分かった時にすでに子供がいるかもしれません。そんな時の離婚はとても疲れます。ですから、離婚は絶対に避けた方が良いので、結婚前の結婚前調査がとても大事になってくるのです。

戸籍にバツを付けないために必要なこと

戸籍にバツを付けてしまう、これは離婚を意味することはご存知でしょう。せっかく愛を誓い合ったのに、些細な喧嘩などが原因で離婚してしまってはお互いにデメリットしかありません。

本当に相思相愛の異性同士が結婚したならそのようなことは起こり得ないはずですが、どうも新婚生活が過ぎた辺りから一定数の夫婦に変化が訪れてしまうようです。結婚後も相手に恋人がいたり、大雑把な生活態度であったり実際に同居をしてみなければ分からないことが山ほどあります。

では結婚前に同棲生活をしてみればいいという意見もありますが、結婚をするまでは猫をかぶっているという人も多く存在するので効果は薄いでしょう。

素人が相手の本性や秘密を暴くということは多くの労力を費やしてしまう割には、得られるものが少ないということが実情です。幸せな結婚生活を永遠に維持していきたいのであれば、相手のことをプロに調査してもらうほかありません。

いわゆる結婚前調査というものですが、探偵事務所や興信所と呼ばれるプロが様々なテクニックを駆使して相手を調べ上げます。

素が出やすいと言われる一人っきりの時間をどう過ごしているのか、依頼主の他に恋人の存在を確認することができるのかなど、調査内容をプロと相談して決定していきます。依頼前から専門的な知識を習得しておく必要は無く、全ての段取りはプロが一手に引き受けてくれます。戸籍にバツを付けることがないようにするためには、結婚前調査が必要不可欠なのです。